イノベーションというのは様々な所で使われるようになっているのですが、そのなかでも特に有名な使われ方としてはイノベーションのジレンマがあります。

これは概念についての名称なのですが、意味としては巨大な企業が新興企業の前で力を失ってしまうことについての理由を説明した経営の理論になります。

詳しく見てみると、まず大きな企業というのはたくさんのものを持っています。

商品もですが、それ以外に社員も多いですし、資金も豊富です。

そのためどのような企業でも諸裏的には巨大な企業に育てていきたいと考えるのですが、あまりにも巨大な企業になってしまうと思わぬ問題が起こってくるのです。

規模の大きな事業というのは、他の企業もやってみようと思います。

その時には全く同じように真似してしまうと巨大企業に勝つことはできませんし、そもそもそのようなことをしてしまうと訴えられるということもあります。

そのような状態にならないようにするために、新興企業は独自の方法というのを見つけようとします。

それを上手くみつけることが出来れば、新たな手法として社会に出すことができます。

しかしこの新たな手法がもし購入者にとってメリットとして受けられてしまったら、すぐに巨大企業からその新興企業に購入者の関心は移ってしまうかもしれません。

そこからすぐに自分の企業に戻せるような対応をとることができればいいのですが、巨大企業の場合は人員が多いためなかなかすぐに手をうつことが出来なかったりするのです。

そうやっているうちに市場が取られてしまうという事の時に、この概念が使わるようになったのです。