イノベーションという言葉が原則的に一つの単語に一つの意味しかありません。

ですが実際に経済的な意味合いで使われるときには二つの意味があると考えられています。

では、どのように考えられているのかというと、プロダクトイノベーションとプロセスイノベーションです。

この二つの意味というのは一緒に使われることもありますが、分類されることもあります。

ではこの内の一つであるプロダクトイノベーションというのはどういうことなのかというと、新たな製品を創りだすということです。

どのような企業であっても、一つの商品で満足してその商品だけで利益をずっと出していこうというのは無理があります。

商品というのはだいたい流れが決まっており、最初に作り出された時にはそこまで多くの人には注目されません。

それからその商品がどんどん認められていくようになると、多くの人が買い求めるようになります。

これがその商品のピーク時になるのですが、だんだん普及してくるようになるとどんどんその商品は売れなくなります。

そしてその商品があらかた売れてしまった後は、利益を生み出さなくなってしまうのです。

これがだいたいの商品の流れになっていくのですが、このことを踏まえて考えると、いつも新しい商品を生み出していく必要があります。

それをすることによって企業自体を保っていくことができますし、また新たな商品を作り出すことによって他社と差別化を行いそれに伴って競争優位性を達成することが出来るのです。

このような考えというのは企業にとって、とても重要なことだと言えるのです。