イノベーションという言葉は一つなのですが、その意味としては2種類あると考えられています。

このような考え方というのは絶対的ではないのですが、とくに産業においては2つの意味として考えられることが多いです。

その二つというのはプロダクトイノベーションとプロセスイノベーションなのですが、プロセスイノベーションというのは、製品を作ることではなく、その製品を作る工程や製法を革新するということです。

商品というのは常に新しいものを求められたりするのですが、そのものだけを常に新しくするということだけではダメなのです。

どんなに人気の商品があったとしても、それを製造するのに時間がかかってしまうと購入者をかなり待たせてしまうことになります。

自動車を例にして考えてみるとわかるのですが、自動車を購入したいと思った時に一週間で納車できるのと、一ヶ月かかるというのでは捉え方が違ってきます。

もちろん一ヶ月かけたほうがよりいい自動車を作ることは出来るかもしれませんが、もしかしたらすぐに自動車が必要だと考えているかもしれません。

そういった人たちにすぐに商品を渡すためには、早く商品を作れるように工程を見なおさないといけないのです。

またそれと同時に、どういう風に創りだすのかということも考える必要があります。

このように製造方法や工程を改良することは単に購入者にすぐに渡すことが出来るということだけではなく、費用を削減することによって他社よりも優位な立場になることができるということがあります。

費用を削減出来ればそれだけ商品も安くすることができ、それが利益につながるからです。