イノベーションという言葉は、英単語を変換したことによって一般的に使われるようになりました。

そのようになることになったきっかけというのは、ある学者が使ったことからです。

その学者というのはヨーゼフ・シュンペーターです。

ヨーゼフ・シュンペーターはオーストリア出身の経済学者です。

彼の著書である「経済発展の理論」の中ではじめて使われることになりました。

それまでにも技術の新たな革新ということはあったのですが、イノベーションと表現したのは彼がはじめてなのです。

ヨーゼフ・シュンペーターは、1883年にオーストリア・ハンガリー定刻のモラヴィアに生まれました。

その後アメリカに渡って様々な功績を残して、1950年に死去しています。

研究分野は経済学であり母校はウィーン大学なのですが、研究した施設としてはハーバード大学やボン大学、グラーツ大学、ツェルノヴィッツ大学などの教育機関や、ビーダマン銀行などもあります。

こういったところで経済学について学んできた彼なのですが、その中でイノベーションという言葉を使ったのは企業者が行う普段の革新についてです。

この企業が行う革新というのはただ単にその一つの企業を換えていくだけではなく、社会的に経済を変動させる力があるというような理論を構築しました。

そのためそれまでは一つの企業がどんな技術を作り出してきたとしてもそこまで注目を浴びなかったのですが、彼が社会的な意味があると定義したことによって一般的に認められることになったのです。

またヨーゼフ・シュンペーターは、経済成長ということの創案者でもあります。

経済成長というのは流れが決まっているように思いますが、実際はいくつもの革新によって波が起こっているのです。