イノベーションという言葉の語源は、英語のinnovationです。

この単語が同士になり、それに名刺語尾がついたことによって生まれました。

その言葉が定着してからは日本でも使われるようになったのですが、本来の意味と日本で使われる意味というのは若干違う所があります。

どちらかというと、日本の方が狭義の意味で使われることが多いです。

イノベーションが日本で使われる時というのは、技術革新や経営革新です。

またこのようなことだけではなく、単純に革新などで使われることもあります。

いずれにしても改革という意味で使われることが多いのですが、このことが本来の意味とは少しずれているというように考えられます。

ではどうしてこのような意味として使われるようになったのかというと、一番初めに公の文書で使われたのが1958年に発行された「経済白書」においてです。

その文書の中でイノベーションという言葉が技術革新として使われたことから、このような意味合いで定着したと考えられています。

その後も経済が発展していくにつれて、技術の革新などを行った企業に関してはこの言葉が使われることが多くなりました。

またそのような事例がどんどん重なっていくことによって、より定着することになったとも考えられます。

しかし。

実際の意味としては単にものづくりの現場で使われるだけの言葉ではありません。

技術的な革新だけではなく、世の中に普及していく新しい概念なども全てこの言葉で表されないといけないのです。

最近ではそういった認識が広まっているということで、他の分野や業界でも使われるようになってきました。