29. 7月 2013 · イノベーションとはどういったものか はコメントを受け付けていません。 · Categories: 未分類 · Tags:

イノベーションというのは、物事が新たに結合したり、新機軸になること、または新しい切り口や捉え方、新しく創造したり活用法を見つけるというようなことです。

イノベーションという言葉が使われるようになった時には、新しい技術の発明ということです。

そのためこれが一般的な使われ方になっているのですが、本来の意味としてはもっと広いです。

例えば新しいアイデアを生み出すこともそうですし、社会的な意義のある新たな価値観を創造するということもそうです。

そのため単にものを生み出すことだけではなく、目に見えないものでも新たに生み出されたものに関してはこのように表現することは可能なのです。

つまりものや仕組みに対して、全くコレまでになかった新しい技術や、考え方などを取り入れてそれによって新たな価値を生み出す。

そしてその生み出されたものが、社会的に反映されて大きな変化を起こすというようなことです。

ここまで広い意味で使うということはこれまであまりなかったのですが、今後はこのような意味合いで使われることが増えていくことになります。

そのためにももっと言葉の本来の意味を理解して貰う必要がありますし、正しく使うためにはどうすればいいのかを学ぶ必要があります。

それは単に個人の問題だけではなく、組織的にも意識改革が必要になっていきます。

 

Comments closed.